リフィル処方箋が利用できれば良いと考えています

薬剤師は当然医師のように診察を行うことができない

リフィル処方箋は海外などでは一般的に利用されている処方の手間が軽減する薬剤師は当然医師のように診察を行うことができない

薬剤師は当然医師のように診察を行うことができないため、開くまでも患者からの聞き取りによりその状況を判断するしかありませんが、それでも処方箋が出されている場合には基本的にはその内容に従って投薬をするのが一般的です。
そのため体調に合わない薬を処方してしまう恐れがあるとも考えられ、この点に関しては様々な角度からの検討が必要と考えている面でもあります。
日本では薬に関する管理は他の国に比べて非常に厳格に行われており、基本的に薬の処方は医師の処方箋がないとできないことになっている上、海外で認可されている薬であっても、日本国内で利用されるためには様々な検査を行いそれに合格しなければならないことになっています。
そのため、一度の処方を受けると複数回利用することができるリフィル処方箋は現在の日本の医療制度にはまだそぐわないものとなっていると考えられるものですが、患者の負担を軽減するものとしては非常に有効と考えられるものでもあります。
実際に薬局に来る多くの患者が、医師の診察を毎回受けなければいけないことに違和感を感じており、経済的にも負担が大きい上にその労力も多大なものがあると感じている人が多くなっています。
繰り返し利用できるものであれば安全性を考えた上で導入を検討するのが良い方法となっており、また導入できる方法を検討することも必要と感じています。
薬局内でもそのような話題が出ることが多くなっており、前向きに検討して良い内容であると薬剤師の立場からも感じているのが実態です。