リフィル処方箋が利用できれば良いと考えています

処方の手間が軽減する

リフィル処方箋は海外などでは一般的に利用されている処方の手間が軽減する薬剤師は当然医師のように診察を行うことができない

私たち薬剤師にとってもリフィル処方箋であれば処方の手間が軽減すると考えられる面も少なくありません。
薬剤師は医師の処方箋に従って薬を処方するため、これが新しいものであろうがリフィル処方箋であろうが違いはないと考える人も多いのですが、実際にはその負担は大きく異なります。
リフィル処方箋であれば最近の薬剤をコンピューターで管理する時代ではその処方せんの番号を記録しておけば、同じ薬を調合することになるため患者が来客する前に薬を取り揃えておくことも可能となるのです。
しかし医師の処方箋の場合にはその原本がないと内容を確認することができないため、患者を待たせることになってしまい時間的な負担も大きくなります。
高齢化社会を迎える上では、現場にいる立場として非常に気になるポイントです。
ただし薬剤師から見た場合に、リフィル処方箋にはデメリットもあります。
それは、医師の診察を受けていないためにその薬が患者の現在の体調に合ったものであるかどうかを確認できないと言う点です。
その点ではこれまでのように医師の判断に従い単純に投薬を行うのではなく、患者の体調を確認しながら投薬を行わなければならないと言う薬剤師の負担が大きくなる可能性があることがポイントとなります。

薬剤師の求人・転職サイトはどれも同じように見えますよね。

しかし、サイトによって違いがあります。

その理由を解説しています。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXqm2R pic.twitter.com/TvJQMNrH6u

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年11月8日